その他のVOC関連の規制と概要



リストマーク

VOC排出規制について

大気VOC 測定について
水中VOC 測定について
土壌VOC 測定について

* 作業環境の改善
* 悪臭防止
* 環境情報の透明化
* 企業の社会的責任(CSR)の維持確保
* 化学物質管理の進展
  ⇒企業の環境配慮経営を促進

* VOC排出抑制の取り組み内容
* 工程の改善・改良等
* VOC処理・回収装置の導入
* 原料・製品の低VOC化
  ⇒コストメリット

All rights reserved, Copyright© O.S.P. Inc. 2000-2014

O.S.P. Inc.
HOME 採用事例 製品紹介 技術紹介 販売協力先募集 会社概要 お問い合わせ

 大気汚染防止法
  * VOC排出抑制(排出基準:ppmC)
  * H12年度に対するH22年度の排出量30%削減目標

 悪臭防止法
  * 「特定悪臭物質」濃度、「臭気指数」

 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律(化管法)
  * PRTR制度

 土壌汚染対策法
  * 溶出量基準、水質基準(mg/L)
  * 油汚染対策ガイドライン(mg/kg)

◆ 水質汚濁防止法
  * 排水基準(mg/L)

◆ 化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)

◆ 労働安全衛生法
  * 作業環境評価基準(管理濃度:ppm)

◆ 建築基準法
  * シックハウス対策:室内空気中化学物質の室内濃度指針値(μg/m3)

出典: 環境省VOC排出抑制制度パンフレット
VOC排出施設 規模要件 排出基準
○塗装施設
 (吹付塗装に限る。)
排風機の排風能力が
100,000m3/時以上のもの
自動車製造の用に供する塗装施設(吹付塗装に限る。) 既設700ppmC
新設400ppmC
その他の塗装施設(吹付塗装に限る。) 700ppmC
○塗装の用に供する乾燥施設
 (吹付塗装及び電着塗装に係るものを除く。)
送風機の送風能力が
10,000m
3/時以上のもの
木材・木製品(家具を含む)の製造に供するもの 1,000ppmC
その他のもの 600ppmC
○接着の用に供する乾燥施設
 (木材・木製品の製造の用に供する施設及び下欄に掲げる施設を除く。)
送風機の送風能力が
15,000m
3/時以上のもの
1,400ppmC
○印刷回路用銅張積層板、合成樹脂ラミネート容器包装、粘着テープ・粘着シート又は剥離紙の製造における接着の用に供する乾燥施設 送風機の送風能力が
5,000m
3/時以上のもの
1,400ppmC
○グラビア印刷の用に供する乾燥施設 送風機の送風能力が
27,000m
3/時以上のもの
700ppmC
○オフセット輪転印刷の用に供する乾燥施設 送風機の送風能力が
7,000m
3/時以上のもの
400ppmC
○化学製品製造の用に供する乾燥施設 送風機の送風能力が
3,000m
3/時以上のもの
600ppmC
○工業製品の洗浄施設
 (洗浄の用に供する乾燥施設を含む。)
洗浄剤が空気に接する面の面積が5m2以上のもの 400ppmC
○ガソリン、原油、ナフサその他の温度37.8度において蒸気圧が20キロパスカルを超える揮発性有機化合物の貯蔵タンク
 〔密閉式及び浮屋根式(内部浮屋根式を含む。)のものを除く。〕
1,000ki以上のもの(ただし、既設の貯蔵タンクは、容量が2,000ki以上のものについて排出基準を適用する。) 60,000ppmC
注) 「送風機の送風能力」が規模の指標となっている施設で、送風機がない場合は、排風機の排風能力を規模の指標とする。
注) 「乾燥施設」には、「焼付施設」も含まれる。
注) 「乾燥施設」はVOCを蒸発させるためのもの、「洗浄施設」はVOCを洗浄剤として用いるものである。
注) 「ppmC」とは、排出濃度を示す単位で、炭素換算の容量比百万分率である。

出典;揮発性有機化合物(VOC)の排出抑制制度について(環境省 水・大気環境局 大気環境課)

VOC対策:自主的取組のメリット

* 環境省 『VOC対策』
* 経済産業省 『VOC対策』
* 東京都 『VOC対策』
* 千葉県


 


VOC対策関連リンク

環境省 環境技術実証事業(ETV) 『VOC簡易測定技術分野』 において弊社独自の特許技術IER法を利用した 「ハンディVOCセンサー」 「VOCモニターVM-501」は技術実証されています 

繰り返し性、再現性、応答時間、直線性などの基礎特性を含めた製品技術の信頼性、実用性、簡便性などの項目において良い評価を戴きました。

ハンディVOCセンサー
  ⇒ 実証試験結果の概要はこちらをご覧ください
    (詳細な実証試験結果報告書はこちら

VOCモニターVM-501
  ⇒ 実証試験結果の概要はこちらをご覧ください
    (詳細な実証試験結果報告書はこちら